アメカジ 歴史

日本のアメカジの歴史

 

アメカジとはアメリカンカジュアルという意味で、カテゴリやスタイルの種類として日本で使われています。

 

アメリカンなカジュアル=アメリカ的なスタイルはいつ頃から日本に入ってきたのか、日本におけるアメカジの歴史を追ってみます。

 

 

1960年代

 

日本の高度成長に伴ってアメリカ文化が入り始めた時期で、アメリカの大学のフットボール連盟に所属していた学生達が着用していたボタンダウンのシャツ(アイビーシャツ)が日本でも大人気になりました。「アイビールック」と呼ばれていました。

 

 

1970年代

 

ファッションブランドのデザイナーが、ジーンズをファッションとして取り入れ始め、それまでは作業着として認知されていたデニム・ジーンズが、ファッションアイテムとして扱われ始めました。

 

また、アメリカの文化も多く輸入され、スウェットやパーカーなどのスポーツファッションも、定番のファッションアイテムとして根付きました。

 

 

1980年代

 

大学生を中心に流行ったDCブランドが下火になり、80年代後半になると渋谷カジュアルの「渋カジ」が流行に。デニム・ジーンズ、アメリカのプリントTシャツ・スウェット、パーカーやスタジャン、ローファーやブーツ、スニーカーなどアメリカのメーカーの物が大人気になりました。また、アメリカなどのインポート物の古着も定番になりました。

 

1990年代

 

90年代になるとアメリカのヒップホップからの影響からBボーイスタイルが流行。また、90年中盤には再度アメカジの基本スタイルも流行り、レッドウィングのアイリッシュセッターなど枯渇するほど売れまくっていました。90年後半から裏原系のストリートファッションが大流行しました。

 

 

2000年代

 

アバクロやホリスターといった新しいアメカジのブーム。また、アメリカのセレブ達が着用しているアメリカのブランドが大人気になりました。特にレディースでは人気セレブが着用のアイテムは瞬く間に品切れになるほど。その中でも古き良きメンズのアメカジのブランドも爆発的ではないものの、変わらず人気がありました。

 

 

2010年代

 

王道のアメカジブランドに対する認識が見直された感があり、日本のメーカーや企業がアメリカに別注をしたり日本企画の物が増えました。レディースにおいてニューバランスが爆発的に売れるなどスニーカー人気も再燃。